委託も可能

ocrのソフトを導入することができない、スキャンする時間や電子化する作業をもっと省略したいという要望を聞いてくれる専門業者があります。
それらの作業を全て請け負ってくれ、管理やデータ共有まで一括したサポートを行ってくれます。
例えば、過去の紙文書を電子化したい場合、数千部もあると膨大な時間がかかります。
その分本来の業務を行う時間が避けられるため、作業効率としては良くない状況に陥ってしまいます。

ocrを習得する時間がもったいないと感じる企業では、こういった委託業者へ依頼し、作業効率化を図りましょう。

FAXにも対応

ocrは、データから私文書にされるFAXにも対応しています。
顧客からの発注依頼や要望などのアンケートの受信にFAXは多く使われていますが、紙へ印刷する前にocrを通すことで、簡単にデータ化することができます。
紙文書をスキャンしたり電子化する作業が省けるので、大変便利です。
使いやすいソフトが充実しているので、データ入力が苦手な方でも簡単に作業に取り組むことができます。

外国語の摘出

ocrは様々な現場で活用できますが、外国語を扱う輸入業者や翻訳業者、取引先の資料から一定の文字を摘出することができます。
英語だけでなく、取引先で増えた中国語にも対応することができるので、外国語に慣れていない場合でも確実に資料を把握することができます。
紙文書の場合はスキャンし電子化すればocrで変換することができます。
文字の特定だけでなく、よく使われる文字の共有や認識にも役立つので、海外特有の言葉の使い方やビジネス用語の習得にも繋がります。

文字だけじゃない

ocrの機能は、文字を検索したり読み込むだけではありません。
ソフトによって、スキャンした紙文書や電子化されたデータから、特定の表や画像を読取ることができます。
大量にある資料や論文などから特定のグラフや化学式といった複雑な画像を素早く検索することができるので、重複確認や資料活用に役立ちます。

特定の文字を検索

ocrでは、スキャンしたデータにある特定の文字を一括で検索することができます。
それが電子化のメリットとも言えます。
例えば「アウトソーシング化」という文字を検索したい場合、人の目で確認すると見落とす可能性があります。

ocrを使用すれば見落としが無く、確実に文字を検索してくれるので作業効率が格段に上がります。
より見落としのない検索をしたい場合は、ocrソフトに変換の修正や入力データの更新をすることで、更に活用的になります。